未来教育ゼミは
子どものための「7つの習慣®」=「7つの習慣J®」を
授業に導入しています。

「7つの習慣®」はスティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた人生を幸せに導く成功哲学。
世界的名著といわれ、企業研修などでもよく用いられるため、ご存じの方も多いでしょう。
これを成長過程にある子どものためにわかりやすく翻訳し、日常的な考え方や行動に生かせる
実践的なプログラムにしたのが「7つの習慣J®」です。
未来教育ゼミが必修カリキュラムとして位置づけているメソッドです。

お問合せ、見学のお申し込み

080-4242-3015(授業中は留守番電話対応)

メールでお問合せ

657-0832 兵庫県神戸市灘区岸地通3-3-11

子どものための「7つの習慣®

学習塾がおしえる「子どものための7つの習慣®」

周囲から尊敬される人生を歩んだ人たちの共通項「7つの習慣®」。
それは特異なものではなく、むしろ「当たり前」に見える内容です。
ところが、これを正しく身につけ「習慣化」できている人は決して多くありません。
だからこそ全世界で企業の人材育成に活用されているのです。

『7つの習慣J®』は、小・中・高校生がこの「7つの習慣®」を身につけ、勉強をするモチベーションを保ち続け、学習に取り組んでいくと同時に、自らよりよい学習環境・人間関係を作り出せるように導くプログラムです。

小・中・高校生の「7つの習慣®」
第1の習慣
自分が選択する [自分の問題として考える]
家でも「勉強しよう!」と、自分から机に向かうようになる。
第2の習慣
終わりを考えてから始める [自分なりの考え方をしっかり持つ]
将来なりたい自分のために、今の勉強や学校、クラブ活動などがどんな意味を持っているのか、わかる。
第3の習慣
一番大切なことを優先する [自分にとって大事なことを理解する]
「遊びたい」気持ちと、「勉強しよう」という気持ちの優先順位を、その場面、場面に応じて考えられるようになる。
第4の習慣
Win-Winを考える [思いやりと自分を主張する勇気をあわせ持つ]
周囲への「思いやり」を持ちながら、自分にとって必要なことを主張する「勇気」もバランスよく持つことができる。
第5の習慣
まず相手を理解してから次に理解される [聴く力を身につける]
気持ちのよいコミュニケーションができるようになり、より良い人間関係がつくれるようになる。
また、自分の意見も受け入れてもらいやすくなる。
第6の習慣
相乗効果を発揮する [より良い答えを出すことをめざす]
周囲と協力し合うことで、一人ひとりの力よりも大きな力を生み出せることを実感する。
第7の習慣
自分を磨く [バランスよく自分を高め続ける]
目標をクリアしたら「終わり」、受験に合格したら「終わり」ではなく、さらに上をめざすようになる。

子どもの頃から「7つの習慣®」を学ぶメリットは?

子どもたちの「可能性」を拡げる「7つの習慣®」 大人はよく口にします
「もっと現実的に考えなさい」「一般的に(普通に)考えたら○○○でしょう?」
けれど「現実的」や「一般的(普通)」とは、その人の経験を通して確立された見方や考え方。
多くが「制限的」だったり、「ネガティブ」だったり、「無難」なものだったりします。

そんな見方や考え方を、大人が無意識に押しつけることで子どもたちの「夢」や「可能性」を奪っていないでしょうか?
幼児や小学校低学年生時に抱いた夢を、いつのまにか「そんなん無理や!」
「そんなん特別の人のことや!」とあきらめてしまう子どもたちをたくさん見てきました。
大人たちが重視する「成績」という、ごく狭い範囲の価値観にとらわれて自らの可能性にフタをして落ちこぼれてしまう子も見てきました。

本当に「無理」なんでしょうか?やっぱり「できない」んでしょうか?
どこまでが「現実的」で、どこからが「非現実的」なのでしょうか?
エジソンの電球や、ライト兄弟の飛行機だって、当時の人々にとっては「無理」であり「非現実的」なものだったのです。

子どもたちの「可能性」を拡げることが大人の役割だと考えます。
子どもたちはとても「素直」です。
「7つの習慣J®」を子どもたちの特長である素直な柔らかい頭で学べば「自信」と「やる気」が大人よりずっと身につきやすいのです。

学習習慣と「7つの習慣®

「習慣」とは毎日の歯磨きのように、いちいち意識せずにおこなう行為です。
また2輪の自転車や、自動車の運転のように、身につけるまでは「大変」な苦労をしても一度身につけると苦もなく無意識にできるようになり、その先の人生が「大きく変わる」のです。

「7つの習慣J®」を学ぶことで、学校や塾、家庭での学習が「習慣」になれば…。子どもたちの「未来」が大きく変わります。

自ら考え、選択し、行動する力が豊かな人生を創る

「7つの習慣J®」の第1~第3の習慣は「私的成功=自分自身が成功する」習慣です。
第4~第6の習慣は「公的成功=まわりのみんなと成功する」習慣です。
そして第7の習慣は、第1から第6の習慣を継続するためのメンテナンスをする習慣です。
まずは自身が「依存」状態から「自立」(私的成功)し、まわりの人たちと相乗効果を発揮して「相互依存」(公的成功)の状態になることをめざします。

また、習慣には「思考」習慣と「行動」習慣があります。
長い人生の中で、人間は大小いろいろな「刺激」に直面します。
子どもたちも、さなざまな場面でうれしいこと楽しいこと、ときにはつらく悲しいできごとに遭遇するでしょう。
進級、進学、受験、就職、結婚などの節目を重ねるうちには、喜びも失敗もあるでしょう。
事故や災害などの状況に直面するかもしれません。

それらの「刺激」をどのように「解釈」(「思考」習慣)し、「反応」を「選択」(「行動」習慣)するのか?
その「選択」の連続が、子どもたちや我々の人生を創っていきます。
「7つの習慣®」を身につけることは、心豊かな人生を創造していくうえで大きな影響を与えると確信しています。

「7つの習慣®」を身につけて「相互依存」の状態になる

親と子の学習相談[無料]

  • 学習習慣が身につかない
  • 勉強の仕方がわからない
  • 希望の高校に行けるかどうかが心配

そんなお悩みをご相談ください。ご予約の上、未来教育ゼミにお越しください。親御さんだけでも受け付けております。

次回の無料相談日

2017年 11月 11日(土)
11:00~12:00
14:00~15:00